home > だじゃれを活用しよう!

だじゃれを活用しよう!

こんな時は、だじゃれにおまかせ!

だじゃれを活用することで、日常生活のコミュニケーションがこんなに楽しく、円滑に。

DKJPが取り組む、6つのだじゃれ活用法をご紹介いたします。

 

人間関係をホッとにしたい

気の利いた一言で相手との距離を縮めつつ、その場の雰囲気を温める。だじゃれには、相手を「ホッと」させると同時に、その場を「ホット」にする優れた効能があります。
そんなだじゃれの醍醐味と奥深さを真剣にお伝えしながら、誰でも短時間で飛躍的にだじゃれ力をアップできる画期的なメソッドとトレーニング方法をご紹介するのが、DKJPが独自に開発したワークショップ「ダジャーレdeござ~る」です。職場など日常の人間関係に疲れている方、少しお疲れ気味で笑いを求めている方、だじゃれ好きな方、ぜひこの“抱腹絶倒”ならぬ“幸福絶好”のだじゃれワークショップをご活用ください。

ダジャーレdeござ~る詳細はこちら

ダジャーレdeござ~るPART2詳細はこちら


ダジャーレdeござ~るファシリテーター養成講座詳細はこちら

職場の雰囲気を和ませたい

会話がほとんどなく「メールばかりで滅入る」。「仏頂面の部長」を筆頭にみんなイライラピリピリしている。
そんな“緊張した職場”が世の中には増えています。
緊張を解いてリラックスするには“笑い”が一番。誰でも気軽に簡単に使える難易度が低いユーモア であるだじゃれを、ビジネスシーンで「言う More」な状態にするための方法をご紹介するのが「ダジャリーダーシップ研修」。組織・チームをまとめるためのだじゃれの活用法を身に付けていただくことができます。
また、DKJP代表鈴木ひでちかの著書「爆笑する組織」でも、ビジネスシーンにおけるだじゃれの活用法を詳しくご紹介しています。

ダジャリーダーシップ研修詳細はこちら

爆笑する組織

子どもの言葉力を高めたい

『妖怪ウォッチ』に『かいけつゾロリ』。子どもたちに人気のアニメには、だじゃれが満載!!だじゃれは「似通った音を持つ言葉をかけることば遊び」。わかりやすい遊びであるため、語彙力が増えだす小学生はだじゃれが大好きなのです!
ことば遊びをしながら語彙力と言葉への感度を高め、お友達・ご家族と会話を楽しむきっかけをご提供するのが「親子だじゃれ教室」。ご家庭での会話ははずんでいますか?笑顔は溢れていますか?子どもたちは大人との会話からボキャブラリーを吸収していきます。子どもたちは大人との笑顔の交換から感受性を増していきます。そんな会話と笑顔を2割・3割・5割増しする「だじゃれ」の世界を親子でのぞき、ご家庭に笑顔をあふれさせるコツをつかんでみませんか?
(不定期開催中 イベント情報にて告知させて頂きます)

親子de笑顔になるだじゃれ記念日 詳細はこちら

脳を活性化させたい

シンプルなことば遊びでありながら、実は高い創造性と柔軟な発想が問われるのがだじゃれ。脳科学者の茂木健一郎さんも「だじゃれは連想記憶を鍛えるトレーニングツールになる」と仰っているように、だじゃれには瞬発的な発想力が求められます。
そんなだじゃれの特性を活かし、お年寄りの認知予防や脳の活性化・発想力強化に役立てることができます。

商品・サービスをヒットさせたい

大塚商会の『たのめーる』CMや、『ウカール』を初めとする合格祈願菓子のネーミングなど、商品・サービスのプロモーションにはたくさんのだじゃれが活用されています。アイディア一つで大金をかけずに、消費者に大きなインパクトと訴求力を生み出せるだじゃれ。
DKJPでは、マーケティングツールとして効果的にだじゃれを活用するお手伝いをします。

まちを活性化させたい

『ミッション麺ポッシブル』や『天下分け麺の戦い』と言った特徴的なだじゃれコピーを掲げて、高い経済波及効果を生み出すのに成功した富士宮焼きそば。一体感や共愉性を高められるスローガンづくりに適しただじゃれ。標語や表札、掛け声などまちぐるみの活動に楽しくだじゃれを取り入れることによって、地域の一体感を高め、まちおこしをご支援します。

>> サポート事例:『千住だじゃれ音楽祭「千住の1010人」の“だじゃれ千住札”』の作成お手伝い

千住だじゃれ音楽祭「千住の1010人」の“だじゃれ千住札 掲載記事へ

 

だじゃれのことなら! お気軽にお問合せください

日本だじゃれ活用協会では、だじゃれ活用ワークショップ「ダジャーレdeござ〜る」の出張開催をはじめ、ビジネスシーンにだじゃれを活用するための講演や、様々なイベントをだじゃれを通じて盛り上げるサポート等を承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら